何度目かの痛感(21年5月振り返り)

一月に一度は文章の振り返りを、と思ってこれを書いているのですが、月が変わるとマジで先月自分が何をしていたのか忘れます。そのための振り返りなのだが。
そうだ、5月の目標を設定したんでした。「一日7時間は寝る」。
まぁ寝られてないんだけど、毎日5時間以上は寝ました。寝られる時は9時間以上寝た。
それもあってマドさんの生活の更新がガタガタだった。あちらを立てればこちらが立たず。通常更新の信頼は失ってますが体は元気です。良いのか??

ご存知の方もいらっしゃるだろうけれど高橋留美子先生がTwitterで毎日のルーティーンを公開されていて、あれを見て私は驚愕しました。まさか毎日3~4時間ほどの睡眠でお仕事は完全夜型だったとは。。長年積み重ねてきたご自分のやり方があって、それを無理に変えないのも大事なのかなと思いました。私も本当は夜型なので(仕事や家族のスケジュールもあり朝型になってますが)留美子先生のスケジュールは出来ないけどいいなと思いました。夜って静かだから、集中しやすいんだよね…。

先月久しぶりにコンペに出した「コの字寮~」ですが、残念ながら連載ゲットならずでした。むー残念!けど選ばれた作品がどれも素晴らしく続きが気になったので、悔い無しです。最終選考には入ってたと教えて頂けたのも嬉しかったな。もうちょっと頑張ってみっか!と思えました。

それもあって、月末のクニエ漫画グランプリも出してみました。これは途中な上にネーム状態だけど。。連載前提で考えた方がいいかなとも思ったので(連載で選考する賞だったので)後々のことを考えすぎてすごく遅れてしまった。反省です。
けどガチコメも頂けて、改めてキャラクターの根幹から考え直してみたいと思えました。
更新を楽しみにして頂けるのもものすごく励みになるし、ありがたやです…!
私はいつも自分の考えたアイデア諸々に非常に自信がないので(続けるだけは小学生くらいから創作してるので話としてはある程度まとまるという見通しはつくんですが。良くも悪くも)イイネ!と言って下さるとマジで息が止まりそうなくらいびっくり嬉しくなります。最近ちょっとずつまたコンペに出し始めて、「とりあえず出してみる」の重要性を再度痛感したので、駄目でも自信なくてもまた色々描いていこうと思います。

6月はスタンバイの漫画賞に2本出したいのと、(とりあえず1本は出せた。ヨシ!)
コの字寮第一部を連載スタートしたいです。
またFANBOXに詳細とラフ絵なども入れて告知しますので見て下さると嬉しいです!


マンガの目標より生活習慣の目標が必要だ(210502)

前半は新学期やら何やらのドタバタで全然動けてなかった4月。表立って投稿したのはマドさんとコの字寮だけじゃないかな。。
コの字寮のことはFANBOXに考えるに至った経緯を詳しく書いたのですが、冒頭をどう始めるかで悩んでしまい、1ページなのに時間がかかってしまった。
寮でワイワイしながら始まる→経緯説明でも良かった(むしろ絵面的にはそのほうが良かったのでは)んですが、主人公の背景を先に見せた方が中~後半が分かりやすいかなと思って先に描きました。後半描くのいつだよという話だが。
コンペの結果は考えないようにしている。300投稿以上も面白いマンガがひしめき合ってたら、正直自信ないよ!w

4月のスタンバイに滑り込ませようとしたネームは間に合わなかったので、少し変えて5月に投稿しようかなと思います。4月と5月のミックスみたいな内容になりそうだ…。
ゴールデンウィーク終わりまでに出したかったけど作画が厳しいかもなので、もう少し時間かかるかも知れません。そうして伸びていって6月にならないだろうな、私。頼むよ。

がっつり帯状疱疹になりましたが、心は元気です。心身共に元気じゃないとだよ~。。
薬もらいに行った薬剤師さんがお薬手帳見ながら「昨年末、突発性難聴もあったみたいですけどストレスですか?大丈夫?」と心配して下さった。
大丈夫なのか?分かりません!!今後の私も今後の日本および世界もどーなるのか私には分かりません!!という気持ちになったが「大丈夫です!たぶん」と言っておいた。
こまぎれ睡眠になりがちで、寝不足なんですよね。。けど工夫すれば毎日7時間はしっかり眠れるので、毎日7時間は寝る、を5月の目標にします。
マンガの目標より生活習慣の目標立てる方が今の私には必要だw
マンガ専科でもスマホの見過ぎ、睡眠不足は駄目と教えてもらっていたしな。メモを見返しておこう。

振り返る、積み重ねる(210404)

文章を書くのをパタっとやめてしまって、ここの日記もかなり放置してましたね。。そのかわりにTwitterでは「マドさんの生活」という、ここでやってた一コマ日記の文章無しバージョンをずっとやってます。更新時間に遅れる事多めですがなんとか毎日更新を3ヶ月連続達成しております。すげーーじゃん!!えらいぞ私。私にとって何かを続けることは本当に難しい事なんです。

小さい頃から「物事を集中して続けられない」性質の持ち主で、この事は正直かなりコンプレックスでした。加えて育った家がガチガチに行動を制限してくるタイプの人を中心に回っており、その人の機嫌が悪ければ咳をしただけで怒られる状況だったので、私は小さい頃から何かあれば即座に非常事態に対応するべく「やってるふり」をする事がとてもうまくなり、机の前には座っているが、実際には何も考えておらず何のやる気もない人間として大半の時間を過ごしてきたのでした。性質と環境がほんとダメダメで、悪循環しか生んでなかった事にきちんと気付いたのは大学進学で実家を本格的に離れてからです。

勉強は好きな分野はやるけれど、駄目なものは完全放置。このあたりも自己肯定感の無さや、自信がない故の諦めの早さがいつも足元にいて、「どうせやっても今からでは遅い」「かっこわるい姿を誰にも見せたくない」という頑なさになって、身動きをとれなくしていました。

それでも、好きなことは頑張れると思っていました。苦手なものがあっても、好きなことを頑張れば何とかなるんじゃないか、と。それで学生の頃から何度か漫画賞に出したりし始める訳なんですけど、5作くらい出したあたりでぱったりと自分が成長してないのに気付くわけです。あ、ここからは本当の意味で努力しないと突破できないんだな、と。本当の意味で努力するとは何なのか?という事を考えると、「人に伝わるものを描く努力」かなと今考えると思います。状況が伝わるように、本当に伝えたいものをブレずに伝える為にクオリティを上げていく努力。それは努力というよりクリエイターの責務みたいなもので、一個人としてやっていくには必ず必要なものではないかと思うのですが、当時の私はそれを薄々分かりつつも、やりきれず逃げました。

その時逃げてしまって、でも諦めきれなかったので今もこうして何か描いてるわけですが(笑)

10ウン年経って、最近ようやく「人に伝わるものを描く努力」が少しずつ出来る様になってきたかな、と思います。それは本当に色んな場(コミティアとかマンガ専科とかコミチさん関連の企画とか)を経て、色んな作家さんや講師さんの考え方や作品を見せてもらったり、何気ない日常の考えをSNSなどで垣間見せてもらったからかなぁと思います。それをかなり自分の行動の参考にさせてもらいましたし、そうする事で私は自分の本当にやりたい事、願っている事を落ち着いて考える事が出来ました。夫がいてくれ、坊が産まれてきてくれた事もかなり影響していると思います。2人がいてくれるので私は、家は楽しいものだという事をきちんと知る事が出来ました。

これからも少しずつでも何かを重ねていく生き方が出来ればいいなぁと思います。いろいろ忘れたり、困難があったり、寿命が来るかもしれませんが。とりあえず生き方がまだ選べる内は、何事も自分を偽らずやっていきたいと思います。

201223

12月の頭にはまだ沢山あったんだけどねー

しばらくご無沙汰しておりました。ちょこちょこ色んなことをやりつつ予定をこなしたりしていたら、気づいたら寝ていたということが爆発的に増えてしまった。そういうことが増えると、マンガ描かなくてもあっという間に時間が経つことに気付いてしまう。…っていうかとっくの昔に気付いてるけどね。好きならやりなさいよ、忙殺されるなよ、としか私が私にかけてやる言葉はありません。

我が家のクリスマスパーティーは昨日だったので、少しご馳走を作ったり。今年のチキンはモスチキンにしました。安定の美味しさ。あとサラダと、圧力鍋で初挑戦したビーフシチューなど。ケーキは土台だけ出来ててデコレーションするタイプのを買って、坊が張り切ってモリモリにホイップと苺を盛ってくれました。シャンメリーはスタンダードタイプしか在庫がなかったのでした。

201216

そろそろ準備どき。

最近、少しだけ外仕事してます。朝3時間くらいだけど。

マンガ描いたりして濁してたけど(笑)実は私6年くらい社会に出てない。外向けの顔なんてほとんど忘れて産後を過ごしてしまった為、(○○くんのお母さん的な外向け顔はあるけど)前みたいに働こうと思っても無理かもな〜、漫画も描きたいし坊のリハビリその他もあるしな〜と思いながら、ひとつ目についた求人に応募してみたら面接でそのまま採用になってしまったので、あれよあれよという間にやる事になってしまった。たぶん他に朝に働く人がいなかったからだろう。。

外仕事をすると色んな人に会うので、ネタも得られて嬉しいです。お金ももらえるし、動くので痩せるし、一石三鳥だ!

タイムマネジメント的には不安があるけど、まぁ続けてみてダメならまた考えればよし。

201215

生に執着するマドレーヌ

健康診断の結果。それは忘れた頃にやってくる。「要精密検査」の文字を見て飛び上がった今月始め。近所の内科にお世話になり、再検査してもらった結果を月曜日に聞きに行った。

どうも私は血小板が基準値よりやや多いらしい。Googleで「血小板 多い」で検索してみて下さい。はたらく細胞の血小板ちゃんがワイワイやってるとはとても思えぬ検索結果がズラズラと並ぶのだ。

症状を検索しまくってふと思い出す。坊の足の障害が分かった時も、狂ったようにスマホで検索していたことを。けどその時にわかったのだ。Google検索の病気情報には他人の体の過去はあるが、それが必ずしも自分にあてはまるわけではないと。答えは自分の体の中にしかないのだ、と。全く同じ人がいないように、まったく同じ体もこの世にはないのである。

…ということは重々分かっているのだが、こりもせず今回も検索がやめられませんでした。情緒不安定になり、夜中に坊の寝顔を見ながら涙ぐんだりしていた。不安定さがこわい。でも今倒れるわけにはいかない。

びくびくしながら聞きに行ったら結果は大丈夫でしょう、との事だった。過去のデータを見ると微妙に基準値より上がったり下がったりしてるので、体質ですね〜と言われて終わった。それよりコレステロールちょっと高いから気をつけてね〜おやつとか菓子パンとかね〜とじんわり釘を刺された。先生忙しい時期にすみません。。ありがとう!

終わったあと生の喜びを爆発させ、家にすっ飛んで帰って漫画のネタを考えました。

201212

寒いので蓑虫のようにいつも布団にくるまっていた

ものすごく寒い日に、高校の頃寮にいた時のことを思い出す。

昭和を受け継いだような、今なら絶対に住みたくないと言われそうな寮で、学年はバラバラの4人部屋、2段ベッド、風呂も洗濯も年功序列の細かいルール…などうんざりする事は多々あれど、おおむね皆楽しく暮らしていた気がする。しかし鉄筋コンクリートの建物で冬はとにかく寒かった。石油ファンヒーターと各自持ってきた布団(&電気毛布)しか温まるものがなかったのに、火事を防ぐためにファンヒーターの使用は時間制限があったので、冬はとにかく布団に入って丸くなって漫画を読んだり描いたりしていた。

その時の毛布の色、前につるしていたカーテンの柄、枕元に眼鏡を置いて起きたら毎回どこかに吹っ飛んでたこと、友達と夜中に2人でふとんに入って漫画を読んでそのまま寝たこと…。最近あったみたいに思い出せるのに、もう20年くらい前なのだ。

あの寮、まだあるのかな。さすがに建て替えられてると思いたい。寮の経験は、いつか漫画にしたいなぁとずっと思っている。

201211

雪が降った記念(あつ森に)

クリスマスツリーを出した。去年は飾りのプレゼント(四角い発泡スチロールに銀紙をまいて金色の紐がかかってるやつ)を坊がひとつ開けて、あからさまにガッカリしていた。何か小さい、良いプレゼントが入ってると思ったんだろうな。。いつも嬉しそうにライトがピカピカするのを眺めてるので、季節もので1番歓迎されるクリスマスツリー。(1番歓迎されないのは2月の鬼)

現実では私の住むところは雪は降りそうにないが、あつ森の世界では降っていた。あつ森…。3月からやり始めて、こんなに続けると思わなかった。夏頃かなりやる気をなくしてログインしなかった時期があったが、また復活した。ただそんなにやれない時も多いので、急いで住民に挨拶して回り、とりあえず魚釣りと貝と海にもぐるのを一回はやって、あわててたぬきち商店に行き、マイルをもらうのをしょっちゅう忘れて、風船を待っている。このままじゃ止められない限り一生やっちゃうよ。ゲームって人生の一部なんだな、とやってみて初めて分かった。

201210

私は外面をなんとか良くしようと思う割に中身はポンコツなので、けっこう無理して生きる癖がある。

今日もなんとかたどり着いた出先の職員さんにぽろっと言われた。「お母さん無理しないでね」という優しい一言に、「いやぁ、でも無理しないとやっていけないんですよね〜〜〜」と返しそうになった。良かった返さなくて。グッジョブ私の理性。

こういう些細な一言がひっかかるという事は、精神的に弱っている時だ。さすがに自分をウン十年やっていると、扱い方もちょっとずつわかってくる。今回もあ、そろそろやばいぞ、と思った頃にバタンと体調不良になった。その前に大量のカレーを作っておいた私、本当にグッジョブ。絵の更新もヒトコマ恋愛も放置して寝たけど。。(すみません、ガタガタですが日曜までには更新します)