おお振り35巻

35巻出てまだ高校一年生やってる、で先日バズってたおお振りの新刊を買った。ずっと追いかけていて、折に触れて読み返す作品。

ひぐちアサ先生は初期の頃から一生描いていたいと仰られていたので、正直こちらも一生読み続ける気持ちで買っている。むしろ読んでたら、ここまで西浦メンバーや親御さんや他校の選手コーチ陣の心情まで細やかに描いて、今日も埼玉で皆練習してそうなくらいリアルな野球部1年目冬までをよく35巻にまとめたな〜くらい思っている。濃密な35巻ですよ。

ハマらない人には長いのかもしれないが、私は大歓迎。これからもおおいに楽しみです。(という人が全国に沢山いるはずだ)

今日は坊の用事でほとんど作業できなかった…。明日からまた仕事もあるし、少しでも時間とれる時をしっかり生かして描かねば。

衰えたとも言ってられない

最近つくづく自分の体力気力の衰えを感じるんだけど、漫画を描くときは本気でぶつからないと良いものは絶対に出来ないんだ、ということを最近の経験から学んでいる。私はだいたい失敗しているが、それを学んでから周りのいろんな人達の作品を見ると、見え方がまた変わってくる。魂をぶつけたんだな、と思うと創作物はみな素晴らしいなと思った。

六番目の小夜子(20年前にNHKでやってたドラマ)が再放送するとのことで嬉々として録画。大好きで見てたんだけど、かなりストーリー忘れてる。。ちょろっと見たら鈴木杏も栗山千明も山田孝之も若かった。栗山千明ちゃんはたぶんまだキル・ビルにも出てなかった頃だと思うけど、ミステリアスな美しさ、世界基準です。すばらし〜。鈴木杏ちゃんのキュートさはまさに主人公。

アワアワしながら

コの字寮、ぜんぜんうまく描けなくて毎週へこんでいる。実は。描いてて楽しいけどいつもアワアワしてるし、もっとうまく描けたらいいのに、全然うまく描けない。第一幕までは意地でも描くと決めたので、描いてみて、直したいところは直していけばいいかな。一人で決めて描いてるなら、何回も描き直してみればいいんだ。少しずつ解像度を上げよう。

今日は日中、園での就学前勉強会。進路に更に悩む事態が起きてきた。9月は私、意識あるだろうか。免疫力を吹っ飛ばされるほど忙しそうなので、とりあえず体力つけよう。

業務スーパーで買ってきたホテル御用達レトルトカレーが、火を吹く辛さ。我慢して食べてたけど、途中から何故か美味しく感じる様になってきた。辛さに慣れてきたら美味い。

夜の散歩

夕食の時間がいつもより早かったので、散歩に行く。日中はとても出歩く気分にはならないので、夜の方が散歩しやすい。近くの川で夜釣りをしている人もいる。何が釣れるのかものすごく聞きたかったけど聞けなかった。

海沿いを歩いたので雰囲気があって良かった。向こう岸の綺麗な灯り。近付いてみるとパチンコ屋だったりして夢がないのだが、遠くから見るぶんにはとても綺麗。

日中はコの字寮作業。ネーム交流会に出すネームの設定など。はやくもがっつりネームを出してらっしゃる方もいて震える。今回のネームは出版社の賞に出す用のネームなので、分かりやすくがっつり恋愛マンガにしようと思う。そういうのも好きなのだ。やろうとすると毎回テレてしまって中途半端な感情表現になるので、テレずに描きます。それが目標。

夏休みの日記2021

マドさんの生活を毎日書かなくなって、なんだか気が抜けてしまいました。ひとコマだけでも、自分の気付きになる事があったのかな。続ければ良かったかなぁとも思うけど、やめちゃったんなら仕方ない。他の事に向き合って、またやる必要を感じたり、意欲が出てきたら再開します。

ハッシュタグを放置するのも寂しいので、夏休みは日記を書こうと思います。簡単な文だけど。

外仕事が今日から1週間くらい休みなので、漫画関連を進めるべく作業…しかし、体調があまり優れない。原因は分かっていますが、出鼻を挫かれて少し悲しくなりました…。休みつつ、コの字寮とマドさんの4コマだけなんとかジリジリと作業。

丑の日なので、夕飯のメニューは鰻。絶滅危惧種…やめとこうかなと思ったけど、調理されたものが廃棄されるのもそれはそれで駄目かと思いスーパーで買ってしまった。家族は鰻というより鰻のタレが好きなので、別に鰻じゃなくてもタレがあればいいと言う。安上がりで大変ありがたいが、よく考えれば私もそうかもしれない。脂とタレのハーモニーが美味いだけなのでは。坊に至っては今のところタレすら興味なし。来年はどうしよう。

朝ドラ。月曜日から見そびれていたので昼ごはんの時に未視聴の回を見る。聴覚過敏で大人がガヤガヤ話しているのを聞くのが大嫌いな坊がいるので、寝てる時かいない時しかドラマが観られない。(今日はデイでいなかった)私も井上順が社長さんで、西島秀俊が上司の会社で働きたい。

なるようにしか(21年6月振りかえり)

これ書いてる今、関東の方ではドでかい雹が降ってるらしいです。なんだか毎年、初夏から夏の終わりにかけての天気がおかしくなってる気がする。熱海で大きな土砂災害もあり、とても悲しいです。我が実家の方面も水害が起きていて、家は大丈夫だけど車がないと生活できない土地なので、山沿いの道を走ったりする時はルートに気を付けてと伝えました。土砂災害ってほんとどこで起きてもおかしくないからな。。

さて私の6月。6月は坊の就学関連でドタバタしておりました。
ここは私の事情をくんで下さる方がふらっとのぞきに来て下さってる(多分)ので書きますが、坊は下肢障害の他にも自閉症スペクトラム障害もあるので、地域の小学校の支援級に行くか、総合的に支援の手厚い支援学校に行くか、現在とっても悩み中です。夫さんが転勤する可能性もあるし。。転勤なんて滅びればいいのに…(闇落ちしやすいメンタル)
この就学前の時期は皆さん本当に悩まれる様で(そうだよね…)うちのパターンとは違っても発達に心配事がある親御さんは皆さん秋あたりまで悶々と考えてらっしゃると思う。結果的にどうなっても子ども達はそれぞれの場所で楽しく過ごして学んでいってくれるとは思うのですが、親心といいますか、出来るだけ坊が坊らしくあれる場所を、と願ってしまいます。
就学相談も学校見学も時間が短すぎて説明しきれないので、A4プリント4枚にまとめた坊の秘蔵プロフィール書類を作成して挑んでいます。多分引かれてる。けど説明する事が多すぎるんじゃよ~~
そうこうしてたらいつも他人とのコミュニケーションに難ありの坊が急にコミュケーション力をアップさせてきたり成長を見せ始め、(成長は嬉しいんだけど進路がさらにわからんくなってきた…!!)と複雑な気持ちになったりしています。
こういう悩みって多分、中学高校それ以降も発生するよね。あんまり思い詰めすぎないように気をつけます。なるようにしかならん。。

というわけでようやく漫画の振り返り。6月はスタンバイに過去作含めて3作出したのですが、私の漫画的にはめずらしく沢山読んで下さってとても嬉しかったです。企画の力というか、盛り上がってる場所に出すとけっこう見てもらえるんだなと学びました。私は祭りに参加するのに戸惑いがちな人間だけど、勢いでエイと参加してしまう方が得られるものが多い時ってあるよなと思いました。
マドさんは相変わらず停滞してたけど、一応抜かさず描いた事は自分を褒めてやりたい。7月5日分までで半年描きました。年取った時に読み返したら楽しそうだな。

7月からはコの字寮青春録の連載を始めてます。当初1Pマンガ賞に出した時に想定していたものとは少し変えました。キャラクターは変わってませんが、何を描きたいかというのはもっと明確にしていくべきかなと思ったので。自分比では出してるつもりですが、続き物ゆえ「訳わからん」と思われる事もあるかもしれない。その回ごとのポイントと、長期的に大事にしたい事のバランスをとりながらやっていくしかないのかなと思っています。

えらそうに書いてますがまだ一話しか出せてません…。やるぞーー

何度目かの痛感(21年5月振り返り)

一月に一度は文章の振り返りを、と思ってこれを書いているのですが、月が変わるとマジで先月自分が何をしていたのか忘れます。そのための振り返りなのだが。
そうだ、5月の目標を設定したんでした。「一日7時間は寝る」。
まぁ寝られてないんだけど、毎日5時間以上は寝ました。寝られる時は9時間以上寝た。
それもあってマドさんの生活の更新がガタガタだった。あちらを立てればこちらが立たず。通常更新の信頼は失ってますが体は元気です。良いのか??

ご存知の方もいらっしゃるだろうけれど高橋留美子先生がTwitterで毎日のルーティーンを公開されていて、あれを見て私は驚愕しました。まさか毎日3~4時間ほどの睡眠でお仕事は完全夜型だったとは。。長年積み重ねてきたご自分のやり方があって、それを無理に変えないのも大事なのかなと思いました。私も本当は夜型なので(仕事や家族のスケジュールもあり朝型になってますが)留美子先生のスケジュールは出来ないけどいいなと思いました。夜って静かだから、集中しやすいんだよね…。

先月久しぶりにコンペに出した「コの字寮~」ですが、残念ながら連載ゲットならずでした。むー残念!けど選ばれた作品がどれも素晴らしく続きが気になったので、悔い無しです。最終選考には入ってたと教えて頂けたのも嬉しかったな。もうちょっと頑張ってみっか!と思えました。

それもあって、月末のクニエ漫画グランプリも出してみました。これは途中な上にネーム状態だけど。。連載前提で考えた方がいいかなとも思ったので(連載で選考する賞だったので)後々のことを考えすぎてすごく遅れてしまった。反省です。
けどガチコメも頂けて、改めてキャラクターの根幹から考え直してみたいと思えました。
更新を楽しみにして頂けるのもものすごく励みになるし、ありがたやです…!
私はいつも自分の考えたアイデア諸々に非常に自信がないので(続けるだけは小学生くらいから創作してるので話としてはある程度まとまるという見通しはつくんですが。良くも悪くも)イイネ!と言って下さるとマジで息が止まりそうなくらいびっくり嬉しくなります。最近ちょっとずつまたコンペに出し始めて、「とりあえず出してみる」の重要性を再度痛感したので、駄目でも自信なくてもまた色々描いていこうと思います。

6月はスタンバイの漫画賞に2本出したいのと、(とりあえず1本は出せた。ヨシ!)
コの字寮第一部を連載スタートしたいです。
またFANBOXに詳細とラフ絵なども入れて告知しますので見て下さると嬉しいです!


マンガの目標より生活習慣の目標が必要だ(210502)

前半は新学期やら何やらのドタバタで全然動けてなかった4月。表立って投稿したのはマドさんとコの字寮だけじゃないかな。。
コの字寮のことはFANBOXに考えるに至った経緯を詳しく書いたのですが、冒頭をどう始めるかで悩んでしまい、1ページなのに時間がかかってしまった。
寮でワイワイしながら始まる→経緯説明でも良かった(むしろ絵面的にはそのほうが良かったのでは)んですが、主人公の背景を先に見せた方が中~後半が分かりやすいかなと思って先に描きました。後半描くのいつだよという話だが。
コンペの結果は考えないようにしている。300投稿以上も面白いマンガがひしめき合ってたら、正直自信ないよ!w

4月のスタンバイに滑り込ませようとしたネームは間に合わなかったので、少し変えて5月に投稿しようかなと思います。4月と5月のミックスみたいな内容になりそうだ…。
ゴールデンウィーク終わりまでに出したかったけど作画が厳しいかもなので、もう少し時間かかるかも知れません。そうして伸びていって6月にならないだろうな、私。頼むよ。

がっつり帯状疱疹になりましたが、心は元気です。心身共に元気じゃないとだよ~。。
薬もらいに行った薬剤師さんがお薬手帳見ながら「昨年末、突発性難聴もあったみたいですけどストレスですか?大丈夫?」と心配して下さった。
大丈夫なのか?分かりません!!今後の私も今後の日本および世界もどーなるのか私には分かりません!!という気持ちになったが「大丈夫です!たぶん」と言っておいた。
こまぎれ睡眠になりがちで、寝不足なんですよね。。けど工夫すれば毎日7時間はしっかり眠れるので、毎日7時間は寝る、を5月の目標にします。
マンガの目標より生活習慣の目標立てる方が今の私には必要だw
マンガ専科でもスマホの見過ぎ、睡眠不足は駄目と教えてもらっていたしな。メモを見返しておこう。

振り返る、積み重ねる(210404)

文章を書くのをパタっとやめてしまって、ここの日記もかなり放置してましたね。。そのかわりにTwitterでは「マドさんの生活」という、ここでやってた一コマ日記の文章無しバージョンをずっとやってます。更新時間に遅れる事多めですがなんとか毎日更新を3ヶ月連続達成しております。すげーーじゃん!!えらいぞ私。私にとって何かを続けることは本当に難しい事なんです。

小さい頃から「物事を集中して続けられない」性質の持ち主で、この事は正直かなりコンプレックスでした。加えて育った家がガチガチに行動を制限してくるタイプの人を中心に回っており、その人の機嫌が悪ければ咳をしただけで怒られる状況だったので、私は小さい頃から何かあれば即座に非常事態に対応するべく「やってるふり」をする事がとてもうまくなり、机の前には座っているが、実際には何も考えておらず何のやる気もない人間として大半の時間を過ごしてきたのでした。性質と環境がほんとダメダメで、悪循環しか生んでなかった事にきちんと気付いたのは大学進学で実家を本格的に離れてからです。

勉強は好きな分野はやるけれど、駄目なものは完全放置。このあたりも自己肯定感の無さや、自信がない故の諦めの早さがいつも足元にいて、「どうせやっても今からでは遅い」「かっこわるい姿を誰にも見せたくない」という頑なさになって、身動きをとれなくしていました。

それでも、好きなことは頑張れると思っていました。苦手なものがあっても、好きなことを頑張れば何とかなるんじゃないか、と。それで学生の頃から何度か漫画賞に出したりし始める訳なんですけど、5作くらい出したあたりでぱったりと自分が成長してないのに気付くわけです。あ、ここからは本当の意味で努力しないと突破できないんだな、と。本当の意味で努力するとは何なのか?という事を考えると、「人に伝わるものを描く努力」かなと今考えると思います。状況が伝わるように、本当に伝えたいものをブレずに伝える為にクオリティを上げていく努力。それは努力というよりクリエイターの責務みたいなもので、一個人としてやっていくには必ず必要なものではないかと思うのですが、当時の私はそれを薄々分かりつつも、やりきれず逃げました。

その時逃げてしまって、でも諦めきれなかったので今もこうして何か描いてるわけですが(笑)

10ウン年経って、最近ようやく「人に伝わるものを描く努力」が少しずつ出来る様になってきたかな、と思います。それは本当に色んな場(コミティアとかマンガ専科とかコミチさん関連の企画とか)を経て、色んな作家さんや講師さんの考え方や作品を見せてもらったり、何気ない日常の考えをSNSなどで垣間見せてもらったからかなぁと思います。それをかなり自分の行動の参考にさせてもらいましたし、そうする事で私は自分の本当にやりたい事、願っている事を落ち着いて考える事が出来ました。夫がいてくれ、坊が産まれてきてくれた事もかなり影響していると思います。2人がいてくれるので私は、家は楽しいものだという事をきちんと知る事が出来ました。

これからも少しずつでも何かを重ねていく生き方が出来ればいいなぁと思います。いろいろ忘れたり、困難があったり、寿命が来るかもしれませんが。とりあえず生き方がまだ選べる内は、何事も自分を偽らずやっていきたいと思います。