なるようにしか(21年6月振りかえり)

これ書いてる今、関東の方ではドでかい雹が降ってるらしいです。なんだか毎年、初夏から夏の終わりにかけての天気がおかしくなってる気がする。熱海で大きな土砂災害もあり、とても悲しいです。我が実家の方面も水害が起きていて、家は大丈夫だけど車がないと生活できない土地なので、山沿いの道を走ったりする時はルートに気を付けてと伝えました。土砂災害ってほんとどこで起きてもおかしくないからな。。

さて私の6月。6月は坊の就学関連でドタバタしておりました。
ここは私の事情をくんで下さる方がふらっとのぞきに来て下さってる(多分)ので書きますが、坊は下肢障害の他にも自閉症スペクトラム障害もあるので、地域の小学校の支援級に行くか、総合的に支援の手厚い支援学校に行くか、現在とっても悩み中です。夫さんが転勤する可能性もあるし。。転勤なんて滅びればいいのに…(闇落ちしやすいメンタル)
この就学前の時期は皆さん本当に悩まれる様で(そうだよね…)うちのパターンとは違っても発達に心配事がある親御さんは皆さん秋あたりまで悶々と考えてらっしゃると思う。結果的にどうなっても子ども達はそれぞれの場所で楽しく過ごして学んでいってくれるとは思うのですが、親心といいますか、出来るだけ坊が坊らしくあれる場所を、と願ってしまいます。
就学相談も学校見学も時間が短すぎて説明しきれないので、A4プリント4枚にまとめた坊の秘蔵プロフィール書類を作成して挑んでいます。多分引かれてる。けど説明する事が多すぎるんじゃよ~~
そうこうしてたらいつも他人とのコミュニケーションに難ありの坊が急にコミュケーション力をアップさせてきたり成長を見せ始め、(成長は嬉しいんだけど進路がさらにわからんくなってきた…!!)と複雑な気持ちになったりしています。
こういう悩みって多分、中学高校それ以降も発生するよね。あんまり思い詰めすぎないように気をつけます。なるようにしかならん。。

というわけでようやく漫画の振り返り。6月はスタンバイに過去作含めて3作出したのですが、私の漫画的にはめずらしく沢山読んで下さってとても嬉しかったです。企画の力というか、盛り上がってる場所に出すとけっこう見てもらえるんだなと学びました。私は祭りに参加するのに戸惑いがちな人間だけど、勢いでエイと参加してしまう方が得られるものが多い時ってあるよなと思いました。
マドさんは相変わらず停滞してたけど、一応抜かさず描いた事は自分を褒めてやりたい。7月5日分までで半年描きました。年取った時に読み返したら楽しそうだな。

7月からはコの字寮青春録の連載を始めてます。当初1Pマンガ賞に出した時に想定していたものとは少し変えました。キャラクターは変わってませんが、何を描きたいかというのはもっと明確にしていくべきかなと思ったので。自分比では出してるつもりですが、続き物ゆえ「訳わからん」と思われる事もあるかもしれない。その回ごとのポイントと、長期的に大事にしたい事のバランスをとりながらやっていくしかないのかなと思っています。

えらそうに書いてますがまだ一話しか出せてません…。やるぞーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です