201212

寒いので蓑虫のようにいつも布団にくるまっていた

ものすごく寒い日に、高校の頃寮にいた時のことを思い出す。

昭和を受け継いだような、今なら絶対に住みたくないと言われそうな寮で、学年はバラバラの4人部屋、2段ベッド、風呂も洗濯も年功序列の細かいルール…などうんざりする事は多々あれど、おおむね皆楽しく暮らしていた気がする。しかし鉄筋コンクリートの建物で冬はとにかく寒かった。石油ファンヒーターと各自持ってきた布団(&電気毛布)しか温まるものがなかったのに、火事を防ぐためにファンヒーターの使用は時間制限があったので、冬はとにかく布団に入って丸くなって漫画を読んだり描いたりしていた。

その時の毛布の色、前につるしていたカーテンの柄、枕元に眼鏡を置いて起きたら毎回どこかに吹っ飛んでたこと、友達と夜中に2人でふとんに入って漫画を読んでそのまま寝たこと…。最近あったみたいに思い出せるのに、もう20年くらい前なのだ。

あの寮、まだあるのかな。さすがに建て替えられてると思いたい。寮の経験は、いつか漫画にしたいなぁとずっと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です