20201029

原作の赤毛のアンから違う展開になる部分もあるので、2話までしか観てない現状ではすべてを語れはしないんだけど、もう映像の美しさだけで満足しそうなほどだった。
原作ファンあるあるかもしれないけど、ずっと本で楽しんでいると、頭の中に自分の想像するアンの世界が出来上がっている。だから映像化となると好みが分かれがちなのだけれど、スッと世界に入り込めた。
美しい自然、現代のように明るくない少し暗みのある室内、アンの熱っぽい喋り方と大きな目、マリラの頑固で不器用に優しいところ、マシューとアンが心を通わす場面…。
孤児に対する当時の偏見など現実も描きつつ優しくまとめているので本当にもう涙涙だった。
これは一気には見られないわ。感情を使い切って日常生活に支障が出る(笑)少しずつ楽しもうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です